住まい探し

レンタルオフィス役立ち情報

賃貸事務所を利用

公園施設と遊具について

心地よい居住空間を求めて

夜間の公園施設について

昼ではなく夜間に公園施設でランニングをしたり、犬を散歩させたりしている人も多い様ですね。

しかし、同じ公園施設であっても昼と夜では全く様子が異なります。なるべく昼に公園施設を利用するなどして、夜間の利用は控えた方がいい場合もあるかと思います。

公園施設は一目につきにくい事もあり、また街灯も十分ではない事もあります。

小さい子供が公園施設を使う時には、門限を設定するなどして、暗くなる頃には帰宅する様にしたいですね。昼はあちこちで利用者を見かける事があっても、夜になると人が減る事もあります。自分の身は自分で守るというのは基本になってきます。

安全管理についてはしっかりと行いたいですね。

公園施設の整備は公共団体が行う

公園施設の整備は、「都市公園法」によって、国か地方公共団体が行うことになっています。この場合の「公園施設」の対象としては、地方公共団体が都市計画法で定められた都市計画区域内に作る公園か、国が作る公園が対象になります。

一般に都市計画区域の外に公園を作るような事はないと考えてよいので、大まかにはひとつの自治体内で出来上がる公園なら地方公共団体が、複数の自治体にまたがったり、大きな記念事業のようなもののための公園なら国が整備すると考えてほぼ間違いないでしょう。ちなみに公園にはもうひとつ自然公園法というのもあり、国立公園とか国定公園という名称の付いたいわゆる自然を楽しむ公園もあります。

雨天には利用しにくい公園施設

どうしても屋外が多い公園施設は雨天の際には不利となる事が予想されます。

公園施設に出かける予定がある時には、事前に天気予報を確認しておいた方がいいでしょう。また、梅雨には雨の日が多くなりますので、公園施設を利用できない事もあるでしょう。

夏に公園施設に出かける際には熱中症対策が必要になりますし、冬には寒さ対策が必要となりそうです。しかし、公園施設には屋外だからこその良さがあります。季節が異なると植物の状態も違います。行楽日和には多くの人がやってきます。天候がいい時を選ぶ事によって、きっと快適な時間を過ごす事ができるでしょう。外に出て楽しいひと時を過ごしてはみてはどうでしょう。

動物がたくさんいる公園施設

草木が公園施設にはありますが、場合によっては動物を見つけられる事もあります。

公園施設に出かけるとバードウオッチングを楽しむ事ができます。その場合には、公園施設に出かける際に双眼鏡を持っていくと、遠くまで見る事ができます。また、公園施設には昆虫などの生き物もたくさんいます。

公園施設では自然を肌で感じる事ができます。わざわざアウトドアを楽しむために遠方に出かける人もいますが、場合によっては近くの施設でも多いに動物を発見できる事もあるでしょう。普段の生活ではなかなか自然に触れる事はない人が多いので、あえて自然に触れる機会を作るのもいいでしょう。気持ちの面においても癒されてゆったりできるでしょう。

門限を決めて公園施設の遊具で遊ぶ

今も昔も子供を夢中にさせている公園施設の遊具ですが、つい公園施設の遊具で遊ぶ事に夢中になってしまうと、時間を忘れてしまう事もあります。そのため、子供は公園施設の遊具で遊ぶ際には門限が決められている事が多い様です。

また、公園施設の遊具で遊んでいても、冬と夏では暗くなる時間帯は違います。公園施設の遊具で遊ぶ際には、門限を守る様に親から伝えられている子供も多いでしょう。また、最近ではスマホを持っている子供もいます。親と連絡がしやすいという点においては、便利だと言えるでしょう。放課後に遊ぶ場合には特に時間が限られてしまいますが、休みの日となれば、一日中遊ぶ事もできるでしょう。

安全管理の徹底が強く叫ばれる公園施設の遊具

住宅街などに多く存在している公園施設では、昔に比べると、ブランコや滑り台、ジャングルジムなど、一般的によく知られている大型の遊具が設置されない場所も見受けられるようになりました。

子どもたちが自由に遊べる環境として、安全管理の徹底が強く叫ばれています。高い所からの落下や、転倒によって打ち所の悪い結果となってしまう可能性は決して否定できず、子どもたちにとっても予測できるものではありません。

命に係わったり、今後の人生を変えてしまうような重大な事故に繋がらないよう、施設管理者や製造会社などによって安全対策への配慮がなされています。

公園施設と遊具についての関連情報

▲ページトップへ戻る