住まい探し

レンタルオフィス役立ち情報

賃貸事務所を利用

公園施設と遊具について

心地よい居住空間を求めて

業務の幅が広い行政書士の仕事

弁護士や司法書士とは違い、行政書士は目立つ事も少ないかもしれません。特に官公署に対して提出するための書類の作成や提出を行う事が多い様です。

官公署に提出する書類というのは非常にたくさんの種類があります。許可を得たり、申請するための書類が多い様です。

また、一部の業務内容に関しては税理士などとかぶってしまう事もあり、税に関する業務を行う事があったり、財務諸表を扱う事もあるそうです。

他にも経営に関する相談を受ける事もあるそうです。この様に実際の業務内容を見てみると幅が広い様に感じます。

書類作成をしなくてはいけない時に困った事があれば、行政書士に代行してもらいたいですね。

外国人の雇用は行政書士へ

日本国籍を所有していない外国人が日本国内で働きたい場合には、外国人が自ら入国管理局に届け出をする必要があります。

しかし、その手続きを一部の行政書士に任せる事もできます。

すべてではなく、一部というのは申請取次行政書士の資格を得ている必要があり、この資格を所有する人であれば、外国人の代わりに申請書を作成して提出するという業務を行う事ができます。

日本人でも海外に行って仕事をするにはいろいろと手続きが必要になる様に、外国人も日本で仕事をする際には、何かといろんな手続きが必要になってきます。

日本国籍を持たない外国人を雇う企業にとって、彼らがきちんと手続きを行っているのかという事は重要になってきます。

▲ページトップへ戻る