住まい探し

レンタルオフィス役立ち情報

賃貸事務所を利用

公園施設と遊具について

心地よい居住空間を求めて

レンタルオフィスと貸事務所の違い

一般的に貸事務所とは入居する不動産探しからはじまり、内装工事や設備の手配、引っ越し作業や細かな契約作業など手間や時間がだけでなく資金面でもコストがかかります。

レンタルオフィスはすでに内装工事などが済んでおり、入居にかかる労力を大きく削減することができます。

また、レンタルオフィスではセキュリティサービスや秘書サービスといった付随サービスも提供していることが特徴です。

ベンチャー企業など起業当初はレンタルオフィスを利用し、事業が軌道に乗ってから貸事務所を契約することもあります。利用目的を明確にすることでビジネスの形にあったオフィス選をすることが大切です。

レンタルオフィスの選択方法について

良質なレンタルオフィスを選択するにあたり、様々なタイプの物件が取り扱われている専門の不動産会社のサポートを受けることが欠かせません。現在のところ、人気の高い物件が多数取り扱われている不動産会社の選び方について、多方面の媒体でピックアップされることがあるため、まずは経験者のアドバイスを参考にしながら、物件選びのコツをつかむことが大事です。

一般的に、レンタルオフィスの見極め方については、素人にとってすぐに把握をすることが難しいといわれており、定期的にパンフレットやカタログなどを参考にすることがポイントとなります。

レンタルオフィスの入居までの流れ

レンタルオフィスを利用すると、大阪や東京などの一等地でもイニシャルコストを抑えて事業所を持つことが可能です。

では、レンタルオフィスに申込みして入居するまで、どのような流れになるでしょうか。まずは問い合わせを行い、希望物件の内覧を行います。利用したいオフィスが決まったら、申込みします。

レンタルオフィスの申込みには入居者全員の公的な身分証明書、法人契約の場合は登記簿謄本の写し等の書類が必要です。会社によって事業計画書が求められるなど必要な書類は異なります。申込書類をもとに審査を行い、審査に通れば契約です。鍵の引き渡しを受け、はれてオフィスの利用が開始します。申込から開始まで、会社に寄りますが、2週間以内のところがほとんどでしょう。

即日入居可能なレンタルオフィスについて

レンタルオフィスは、1時間からの時間貸しを始めとして一年ごとの年間契約など、希望に合わせた期間で契約することができます。一日や短時間での利用になれば、即日でも部屋に空きがあれば利用できることもあり、大阪から東京への出張中に利用したいという場合にも役立ちます。

しかし、レンタルオフィスは長期の契約になると即日入居可能というわけにはいきません。入居のための審査が行われることになるので、数日は待つことになります。

こまめにレンタルオフィス契約を更新し続けるという方法もあるのですが、長期間の契約になるほどに予算的にもお得になるので、早めに審査の申し込みを済ませておく必要があります。

レンタルオフィスの活用について

決められた場所に通勤せず、時間も自由に使いながら働くという仕事の仕方を進める方の割合は、近年で急激に増加しています。しかし事務作業を含める仕事には、机や椅子、インターネット環境などが欠かせません。

必要な設備が供えられた貸事務所はレンタルオフィスと呼ばれており、東京や大阪などの都市部を中心に、全国で幅広く活用されています。周辺の環境や、代行サービスの充実したオフィスは、インターネットからでも探し出すことが可能であり、さらに契約手続きも手軽に行えます。自分の希望に合ったサービスを選ぶこともできます。

イベントスペースとして利用するレンタルオフィス

昨今において急増しているレンタルオフィスはオフィスだけの利用ではなく、イベントスペースとして利用することもできます。

大半のレンタルオフィスが、都心部や交通の便が良い場所にありますので、多くの人にとって利用しやすい場所になっています。

イベントスペースやカフェなどを貸し切っておこなう方法もありますが、レンタルできるオフィスを利用した方が、コストを抑えることができるでしょう。利用規定はそれぞれのオフィスによって異なりますので、インターネットなどで確認の上、一度詳細を問い合わせて相談してみるといいでしょう。

レンタルオフィスの関連情報

▲ページトップへ戻る