住まい探し

レンタルオフィス役立ち情報

賃貸事務所を利用

公園施設と遊具について

心地よい居住空間を求めて

遊具の管理

遊具は遊ぶための道具で、滑り台やブランコなどを指します。
公園の遊具はみんなのものですので、大切に使いましょう。

そして、この遊具は市役所なり、地域の方が管理されております。壊れていれば、その旨を伝えるようにしましょう。

防犯を考えた遊具
子供が事件に巻き込まれるというのは、何としても防ぎたい物です。そこで、子供が遊ぶ公園や設置されている遊具も防犯が意識されている事もあります。

公園の外からでも、大人の視線が公園全体に行き渡る様に、遊具の設計や設置の場所について考えられている事もあります。

また、遊具だけではなく、周辺の樹木が外部の人の視線を遮るという事も考えられますので、定期的に剪定を行うなどして防犯対策が行われている事もあります。

あえてマンションの間のスペースなどに遊具を設置して遊ぶスペースをつくる事もあります。マンションの住人が窓から見下ろすと、すぐに様子が分かるので、安心につながっているケースもある様です。

遊具で遊びに夢中になる子供

幼い時には、よく公園などの遊具で遊びに夢中になったものです。

子供は門限が決められている事が多く、決められた時間が来ると帰宅しないといけないという事が家のルールで決められている事もあります。

遊具で遊んでいると、夢中になってしまい、時間が来てもこのまま遊び続けたいと思う事もありました。公園施設の遊具を使った遊びは体を動かす事が多いので、汗をかいたり、長時間遊んでいるととても疲れてしまうという事もあります。

いきなり強い眠気を感じてしまう事もあり、昼寝をしたりする子供もいます。

きっと誰にでもこの様な経験はあるのではないかと思います。

この様にして、子供はみんな大人に成長していくのですね。

遊具は遊び方

一人の子供しか遊べない公園施設は、一人が遊び終わるまで待たないと行けない事もあります。しかし、同時にたくさんの子供が遊べる公園施設であれば、待ち時間があったとしても、短時間で順番が回ってくる事もあります。

例えば、滑り台や鉄棒などが一つの遊具に設置されている場合には、いろんな所で遊べるので、待ち時間が少ない事もあるでしょう。

また、たくさんの人数で遊びたいのであれば、かくれんぼや鬼ごっこなどをするにもいいですね。グラウンドでは隠れる場所もなく、すぐに見つかってしまいます。

遊具は工夫次第で遊び方はいろいろあります。たくさんの人が同時に遊べる遊具は思いきり遊ぶ事ができますね。

遊具で運動をしよう

遊具は遊ぶものですが、子供の運動や心の発達にも大きな影響を与えます。身近にある公園に昔から沢山ありますが、ただ遊ぶだけではなく子供達の感性にも刺激するものです。

砂場ではどんなものを作ろうかと創造力を働かせますし、他の子たちと共同で遊ぶことで協調性も養えます。ブランコやジャングルジム等体全体を使って遊ぶものが多いので子供の運動量を増やすことができます。遊具は体を動かしながら子供に必要な考えながら遊ぶ力を持たせる安全な遊び道具なのです。

最近ではいろんな種類の遊具もでてきているので、子供の発達に大きく貢献しています。

遊具の基本的な役割を再考したい

最近は何でも危険だから、リスクがあってはいけないから、といった理由で遊具を勝手に大人が撤去する事案が相次いでいます。

確かに遊ぶ児童が怪我をする事は、決して喜ばしい結果ではありません。しかし、そもそも遊具とは一体どういった目的で作られたか、それを考えれば自ずと答えは出てきます。

遊具とは単なる大きな玩具ではありません。それを通して基本的な体力を作り、またどういった使い方をすれば身体に危険が及ぶか、怪我や失敗を通して、児童がリスクとの向き合い方を体感的に学ぶ教材です。

明らかに危険な物は撤去する必要がありますが、ブランコなどの遊具が落下の危険があるからといって無暗に撤去すれば、逆に子供たちが基本的な体の動かし方やリスクの問題を知らないまま成長していき、子供でも知っているべき常識を知らないまま大人になってしまいます。

幼児向けの公園施設にある遊具

一部の公園施設にある遊具は、幼児向けとなっています。少し大きい子供にとって幼児向けの公園施設にある遊具で遊ぶと物足りなさを感じる事もあるでしょう。

幼児向けの公園施設にある遊具は、特に体を動かしたりする必要はなく、また力がなくても遊ぶ事ができる物もあります。

公園施設にはたくさんの遊具が設置されている事もあると思いますが、その中からふさわしい物を選ぶ様にしましょう。また、公園施設では遊具で遊ぶというばかりではなくて、ボールや砂場セットなど自分で遊べる物を持参するというのも一つの方法です。施設によって利用のルールは違う事もありますので、よく確認した上で遊ぶ事をおすすめします。

子供を連れて公園施設の遊具で遊ぶ

まだ一人で遊ぶ事ができない幼い子供もいます。その場合には公園施設の遊具で遊ぶ際にも自分で遊ぶという事はできない事もあります。子供が幼い間は親が公園施設に子供を連れて行って遊具で遊ばせるという事になります。また、公園施設の遊具と言っても小学生の子供が遊ぶ物は利用できない事もあります。

公園施設の遊具で遊ぶ際には、子供の年齢にあった物を選んであげる様にしましょう。だんだん大きくなると、友達とも遊べる様になりますので、自分で公園施設の遊具で遊ぶ様になりますが、それまでの間は親が何かとサポートしてあげないといけない事もあります。また、幼い子供の場合には砂場で遊ぶという事もあります。

遊具がメインの公園施設

いろんな公園施設がありますが、中には遊具がメインとなっている施設もあります。また、それとは反対にあまり遊具などが設置されていない公園施設というのもあります。

遊具がメインの公園施設は子供にとって最高の遊び場となる事でしょう。

遊具がメインの公園施設ではたくさんの子供が遊んでいます。時には、公園施設内で非常に複雑な形をした遊具を見かける事もあります。たくさんの子供が遊べる物もあり、その場合には待つ事なく遊べる事もあります。公園と言っても広い施設もあれば、そうでもない場合もあります。自宅近くには広い施設はないケースもあると思いますが、それでも十分に楽しめる事もあるでしょう。

公園施設と遊具についての関連情報

▲ページトップへ戻る