住まい探し

レンタルオフィス役立ち情報

賃貸事務所を利用

公園施設と遊具について

心地よい居住空間を求めて

大きな公園施設の遊具

きっといろんな大きさの公園施設があるかと思います。中には非常に広い公園施設もあり、施設内をすべて見渡す事ができないほど広い場合もあるかと思います。

この様に広い場所があれば、非常に大型の遊具や、たくさんの数の遊具が設置されている事もあるかと思います。しかし、やってくる子供も数も多いかと考えられますので、遊具で遊ぶためには順番がやってくるまで待たないといけない事もあるかと思います。

子供が多い公園施設では、場合により待ち時間が長くなってしまう事もあるでしょう。そんな時のために、縄跳びなど自分一人でも遊べる物があると、長い待ち時間に退屈してしまう事はありませんね。

遊具の中でもジャングルジムがお気に入り

幼稚園や学校、公園など全国どこにでもある遊具ですが、子供のお気に入り遊具が必ずある時期がらあります。しかし、親からすると安全性があるもので遊んでほしいのが希望ですが、子供の気持ちは違うようです。

滑り台やブランコなど楽しいものがあるのに、ジャングルジムに気持ちがいってしまう子がいます。他の遊具からすると少し危険な感じがしますが、よじ登ることや、気をつけながら降りることで、注意力がつくメリットもあります。子供が成長することにリスクがつきものです。親も危ないと思う気持ちをおしころすことも大切なのかもしれません。

公園にある遊具のブランコ

公園にある遊具の中はたくさんありますが、特に人気なのはブランコです。公園以外に保育園や幼稚園などにも遊具はありますが、公園にもあります。大体は、滑り台や鉄棒が小学生には人気ですが5・6歳の子どもはブランコが好きかもしれません。

もちろん小学生も遊びますが小さい子が多いです。最初は、背もたれがなくよくお子供が後ろに落ちないよう母さんやお父さんが支えているひともいました。しかし、今は小さい子でも簡単にけがをしないようにと後ろには背もたれができ、足を入れる形になりました。そして、小学生や中学生が遊ばないように年齢制限も最近は多いです。

幼稚園の目的と遊具の意義

幼稚園は保育所とは若干異なる施設です。世間的には同じ施設だと言われていますが、幼稚園の方は教育をメインにした施設です。

福祉と保育の面も勿論ありますが、基本的には小学校の前段階の教育施設であり、読み書き算盤、そして体育に相当する運動がカリキュラムに組み込まれます。そのため、施設内に置かれる遊具も公園などにあるものより本格的です。

幼児の体力増進や知的好奇心の発展を後押しする工夫がなされている遊具が多く、遊びを通して自然と心身が鍛えられる仕組みとなっています。

子供たちの体力低下が叫ばれる今日ですが、遊具を通して遊ぶ事でそのリスクは未然に防げます。

遊具だけでなく自然が豊富な公園施設

中には遊具がメインとなっている公園施設もありますが、せっかく公園施設を訪れるのであれば、遊具ばかりではなくて、自然を堪能するのもいいでしょう。

親子で公園施設を訪れる場合には、子供は遊具に夢中となる事もありますが、大人は自然が堪能できる事もあります。

遊具だけでなく自然が豊富な公園施設はいろんな年齢の人が楽しむ事ができます。また、子供もずっと遊具で遊んでいるだけでは疲れてしまいますので、公園施設で休憩をする際には、自然と触れ合うのもいいでしょう。植物が植えられているだけではなくて、水が流れている施設もあります。また、空気も都会とは違って気持ちよく感じられる事もあるでしょう。

遊具にも安全性を求めたい公園施設

公園施設における遊具の設置には、様々な危険性が潜んでしまう可能性も決して忘れてはなりません。ブランコや滑り台、シーソー、ジャングルジムなど、子ども達が自由に遊ぶことができる反面、予測できない事故の発生に繋がってしまうこともあります。

思わぬ場所での転倒や、高さのある所からの転落など、子どもにとって、その後の人生や命に関わるような重大な事に繋がってしまうケースも否定できず、より細やかな安全対策が必要ともされています。国によっても安全に対する項目が細かく定められており、公園の施設管理者などによって配慮されています。

公園施設と遊具についての関連情報

▲ページトップへ戻る