住まい探し

レンタルオフィス役立ち情報

賃貸事務所を利用

公園施設と遊具について

心地よい居住空間を求めて

わくわくするエアー遊具

きっと小さい頃に一度は、エアー遊具で遊んだ事があるという人も多いのではないでしょうか。

昔はデパートの屋上などに設置されている事も多かったと思います。柔らかいエアー遊具は大きな怪我の心配も少なく、子供はわくわくした気分で遊ぶ事ができます。

街の公園などにはない物ですので、遊ぶ機会はそれほど多くはないかもしれませんね。エアー遊具はたくさんの子供が一度に遊ぶ事ができます。

最近ではスケールが大きな物からユニークな物まであります。そして、幼い子供にもエアー遊具はおすすめです。中には滑り台が付いているエアー遊具があったり、プールが設置されている物もあります。時間を忘れてしまいそうですね。

子供にとって一石二鳥の遊具は階段つき

階段をあがるごとに人間の寿命は延びるといわれているほど良い運動になるものです。子供の遊具のひとつに滑り台があります。滑る楽しさのために、駆け上がるのを苦にしません。これを何度も繰り返します。子供は気に入った遊びをとことん繰り返します。

この過程で楽しく足腰の運動をしています。ジャングルジムなども運動になりますが、ある程度大きくなってからでないと危険が多いものです。それらの遊具の中でも滑り台は大きさにもよりますが比較的、幼い頃から安全に使用できます。そして、運動に有意義だというだけでなく、子供たちは、滑る「楽しさ」の前に階段をのぼるという「努力」があることを無意識に受け入れています。

なぜ遊具は高値?企業が頑張る安全対策

ハッキリ言って遊具は非常に高い製品です。見た目には安そうに見えてしまう鉄棒やジャングルジム、そして滑り台なども大変高価です。

しかし、遊具が高値な事には明確な理由があります。企業が責任を持って安全性を何度も何度も繰り返し確認しているためです。

また幼児が遊ぶ製品ですので、突起物や鋭利な部品が一切出ないように、万全を期して設計と製造がなされています。そのため、単純な材料費だけ見れば、家具などよりも高値ですが、正しく遊べれば絶対に怪我や事故が発生しない安全面への配慮がされているため、むしろ企業の儲けは最低限なレベルです。今日もまた公園で楽しく子供たちが遊具で遊べるのは見えないところで日本の技術者が汗をかいているからです。

自然公園の遊具

一般的に公園と呼ばれているものは、不特定の人々に対して遊戯、休息、散策、運動等をする場として利用されることが多く、緑地や遊園地、自然公園等があります。

公園の種類も様々で街区公園や運動公園等の都市公園や皇居外苑等の国民公園、国立公園・国定公園・都道府県立自然公園等の自然公園などがあります。

公園に遊具を設置する際、各地域の公園条例によっては何種類かを必ず置くよう義務付けられているところもある。

こうした規定から「砂場、プランコ、滑り台」などが遊具の基本3種といわれるが、最近ではより活動的で魅力的な遊具が開発されています。

公園施設外から見える遊具

時には小さい子供も利用する公園施設は、遊具が外から見える様に設計されるなど、防犯対策が考えられている事もあります。また、公園施設は遊具だけでなく、樹木が視界を遮る事もあります。

公園施設においては子供だけでも安心して遊具で遊ぶ事ができるという事が重要になります。

公園施設外から遊具が見える状態であれば、親も安心して子供を遊ばせる事ができるでしょう。遊具事態が子供の興味をひくかどうかという事も大事ですが、公園施設は防犯も大事であり、また集合住宅から見下ろせる場所など、人の目の届く場所に作られている事も少なくありません。また、安全のために他にもいろんな対策が行われている事もあります。

危険な遊具を安全に守る公園施設

公園施設に設置されている遊具においては、安全性の徹底が強く叫ばれており、施設管理者や製造会社などによって細やかに配慮されています。

ブランコやシーソー、滑り台、ジャングルジムなど、子ども達が自由に遊べるものである反面、思わぬ危険性が潜んでいる可能性も否定できません。高さのある所から転落したり、足の踏み外しによって転倒したりする事は、子どもたちにとっても予想できるものではない上に、今後の人生や命にも大きく関わってしまうような事故に繋がりかねません。子ども達や保護者の方が安心できる遊び場としての存在が求められています。

公園施設と遊具についての関連情報

▲ページトップへ戻る